バレニクリンの働き|成功率ナンバーワン!禁煙治療薬チャンピックスの効果

バレニクリンの働き

drink drugs

毎日、飲むだけで禁煙を成功させることができる薬。そんな魔法のような薬チャンピックスですが、その働きはどのようなモノなのでしょうか。
原理はそれほど難しいものではありません。チャンピックスは、「これを飲むことでタバコを必要としない体にする」という薬なのです。
チャンピックスの主成分となっているのはバレニクリンという成分ですが、この成分にはタバコに含まれるニコチンと同じ働きがあります。ニコチンより弱く、したがって依存性は低いのですが、それでもニコチンと同じ働きを持っています。
ニコチンの働きは、脳の「ニコチン受容体」と結びつくことでドパミンという物質を分泌させること。ドパミンが出ると、人はスーッとリラックスするような気持ちよさを味わうことができます。タバコを吸わない人は、さまざまなことを達成したり、ゆっくりソファでくつろいだりすることでドパミンを分泌させられるのですが、喫煙者の場合はニコチンがなければそれができなくなってしまいます。

チャンピックスに含まれるバレニクリンは、ニコチンの代わりにニコチン受容体と結びつき、ドパミンを分泌させます。
つまりこれさえあれば、タバコがなくてもドパミンが出るので、もはや人はタバコを必要としなくなるのです。
そしてニコチンよりも効果は弱いのでだんだんニコチン受容体の規模は縮小していき、最終的には、薬の服用をやめればタバコも、薬もなく過ごせる健康な体に戻ることができるのです。チャンピックスは、ニコチン依存を治療することができる薬なのです。